銀行キャッシングに新生銀行カードローン レイクを選ぶなら知っておきたいこと

キャッシングやカードローンといった無担保の借入れは、保証人や不動産などの担保を提供する必要がありませんし、返済に関しても、毎月決まった金額を払っていれば、それ以外については余裕があるときだけ繰り上げて返せば良く、使い道も自由ですので非常に便利です。一方で、総じて金利が高めになっていますので、利用するときに金利を最も重視したいという場合には、消費者金融系や信販系会社ではなく、銀行キャッシングを選ぶ方がよいでしょう。

 

新生銀行カードローン レイクは、元々消費者金融系であったレイクを新生銀行が吸収した形の銀行キャッシングですので、一般的な消費者金融系とは違って金利は銀行系に準じて低くなっており、利用限度額の上限も高めに設定されている上、銀行から借り入れをしているという安心感があります。それに加えて、新生銀行カードローン レイクではレイクのノウハウを活用して融資を行っていますので、営業時間外でも契約や融資が行える自動契約機を設置していたり、審査や融資のスピードが早く、即日融資が可能になっていたり、インターネットを利用して自宅や外出先などから借り入れ申込みができるなどの利便性の高さも人気があります。

 

新生銀行カードローン レイクを選ぶときには、このように利便性が高いことに加え、提携先のatmがどこになるかを確認しておくと良いでしょう。銀行キャッシングでは、営業区域外でも利用できるようにコンビニや郵便局などのatmを使って借入れや返済ができるようになっているところが多いですが、新生銀行カードローン レイクでも提携先のatmが多数用意されています。自動契約機や新生銀行のatmが近くにないという場合には、これらのatmが自分の生活圏の近くにあることを確認すると、急いで現金を借りたいときや、余裕があるときの繰り上げ返済をするときなどに便利です。また、銀行系のキャッシングは大体が審査をやや厳しくしてますので、その点は注意しましょう。