じぶん銀行カードローンを利用するメリットとデメリット

じぶん銀行とは三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同出資をして作られた銀行で実店舗を持つことなくインターネットを使った取引が中心のネット専業銀行になります。こちらも銀行によるキャッシングローンサービスのひとつといえます。

 

このじぶん銀行でも、他社の銀行と同じようにカードローンによるキャッシングサービスを行っていますが、このじぶん銀行カードローンにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか見ていきましょう。

 

まずじぶん銀行カードローンのメリットとしては通常のカードローンでは門前払いされやすいアルバイトやパートといった非正規雇用の方はもちろん、自営業の方であっても申し込みをすることができることです。

 

また銀行系の多くは審査が厳しい為時間がかかってしまうのですが審査も迅速になっているのがじぶん銀行カードローンのメリットになります。このあたりは消費者金融によるキャッシングサービスへの申込とあまり差がありません。

 

そして利用をする際にはATMを利用するのですが、手数料は全て無料となっています。またじぶん銀行のATMは少ないのですが、銀行やゆうちょ、コンビニATMなどと提携をしていますので使えるATMがなくて困ることもまずありません。

 

では逆にじぶん銀行カードローンのデメリットとはどのようなことなのでしょうか見ていきましょう。まず第一に金利が高いことです。

 

じぶん銀行カードローンの金利は年利で1.7%から17.5%となっています。最小は1.7%となっていて、これだけを見ると安いようにも思えますが、この年利は限度額いっぱいの800万円を利用した方に適応される金利になりますので、他社の銀行系はもちろん、消費者金融と比べても金利は高めになります。

 

次に即日融資や振込融資、自動支払い返済などの便利なサービスがあるのですが、これらのサービスを利用できるのはじぶん銀行の口座を開設している方のみになります。

 

ですので向いている方としては、じぶん銀行の口座を持っている方や、金利が少しぐらい高くても良いから銀行カードローンを利用したいと考えている方には良いカードローンになります。